合掌

新しいお墓のスタイルです

喪服

納骨堂にはコインロッカーのように遺骨を納めるスペースが個別に分かれているロッカー式、上段に位牌、下段に遺骨を納める仏壇式、室内に墓石を並べた墓石式、立体式駐車場のように遺骨が安置してある機械式などの種類があります。 納骨堂の特徴は、墓地のように墓石を購入する必要がない、お墓を建設するための土地を購入しなくても良いので少ない予算でお墓を作る事が出来る点です。 永代供養も可能になるため、身寄りがない人でも死去した後に無縁仏にならないなどの安心感もあります。 さらに、一定期間は納骨堂で遺骨が安置され、期間が過ぎた後は永代供養墓に安置が行われるのが特徴で、納骨堂には寺院を初め、民営や公営などの運営主体があります。

納骨堂を選ぶ人の中には身寄りがない人、子供達などに余計な負担を掛けさせたくない人などがいます。 納骨堂は遺骨を安置するスペースが室内にあり、それぞれ個別のスペースに遺骨が安置する形になっており、夫婦で利用する場合は一つの空間の中に遺骨が安置されます。 お参りをする時には礼拝室に遺骨を持って来て貰う、墓石式などの場合はお花などのお供え物を置いておく事が出来るため、遺骨のある場所まで出向いてお参りが出来る納骨堂もあります。 ちなみに、納骨堂の施設を用意している寺院も増えていますが、寺院の場合は檀家になる必要があるので敬遠されがちですが、最近の寺院の中には檀家にならずに納骨堂を利用出来るお寺さんも多くなっています。

合唱する男性

生前に契約を結ぶ人が多い

お墓を作るとなると、土地を購入して墓石を選ぶなど高額な費用が必要になります。残された子供達などに余計な苦労をさせたくないなどの気持ちで納骨堂を選ぶ人も少なくありません。

香典袋

納骨堂のメリットと注意点

納骨堂はお墓に供養するのではなく、遺骨を骨壺に入れて安置しておく場所です。お墓を持つことが今は難しい人には役に立ちます。安置するときのメリットと注意点を紹介していきます。

仏花

トピックス

「今、主流になっている!お骨の管理は納骨堂にお任せしましょう!」のトピックス一覧です。