納骨堂の豆知識|今、主流になっている!お骨の管理は納骨堂にお任せしましょう!

合掌

納骨堂の豆知識

手を合わす女性

納骨堂には運営主体により寺院、民園、公営などの3つの種類があります。 寺院が運営を行っている場合、宗派の種類やお布施、寄付金など利用するにあたり、こうした制限やお金が掛かるのではないかと考える人も多いかと思われますが、寺院が運営を行っている納骨堂の場合、大半が檀家になる必要がないため、納骨を行った後にお布施や寄付金が求められる事はありません。 さらに、寺院が運営を行っている墓地の場合、宗派などによる制限がありますが、納骨堂の場合は宗旨宗派が問われないケースが多くあるのが特徴です。 但し、納骨後には寺院の宗旨宗派により供養が行われる寺院もあるため、納骨堂を選ぶ時などは宗旨宗派が問わないなど、事前に確認しておくのが安心です。

納骨堂には遺骨を個別に安置するためのスペースが室内にあるのが特徴です。 遺骨を安置する方法には、ロッカー式や墓石式、仏壇式などの種類があり、お参りの方法も遺骨が保管してある目の前で行える納骨堂もありますし、礼拝室など共用スペースに遺骨を持って来て貰い、そこでお参りを行う所など様々です。 お参りが出来る時間についても、決められた時間内のみの納骨堂もありますし、最近は24時間いつでもお参りが出来る所も多くなっています。 尚、永代供養が可能になるのが納骨堂の魅力ではありますが、安置する期間を選んだ場合は、安置期間が過ぎた後は合祀墓に移され、そこで永代供養が行われるため、身寄りがない人でも安心して利用する事が出来ます。