生前に契約を結ぶ人が多い|今、主流になっている!お骨の管理は納骨堂にお任せしましょう!

合掌

生前に契約を結ぶ人が多い

合唱する男性

納骨堂は個人や夫婦などが個別に遺骨を安置する事がお墓の一つであり、お墓は室内にあるのが特徴です。 一般的なお墓のように維持管理費を支払っておけば永代供養を行って貰えるのですが、寺院などの納骨堂の場合は檀家にならずに利用出来るケースも多く注目が集まっています。 元々、納骨堂は古くから存在していたお墓の種類の一つですが、注目が集まったのは最近の事でもあり、お墓を利用する時のコストが安い点や永代供養が可能になるので身寄りがない人でも安心出来るなどのメリットを持ちます。 尚、納骨堂には使用期間を決めて選ぶタイプと代々受け継ぐ2つのタイプがあり、使用期間を決めた場合でも、使用期間後は合祀墓に移されて永代供養が行われるので無縁仏にならずに済みます。

霊園の場合、寺院のように檀家になる必要がないので注目が集まっていますが、区画を購入して墓石を建てるなどで膨大な費用が掛かります。 その点、納骨堂は使用権のみになるので、数十万円程度の費用で利用が出来るなどのメリットを持ちます。 さらに、霊園などの場合、都市部から離れた場所に作られているケースが多く、場所によっては交通の便が悪い所もあります。 納骨堂は都市部に作られている事が多いので、いつでもお参りが出来ますし、24時間いつでもお参りが出来る納骨堂も多くなっています。 納骨堂は室内に遺骨が安置してあるので、夜間のお参りでも可能ですし、一般的なお墓などの場合と違い、気軽にお参りが出来るのも魅力になっています。